*

当サイトへようこそ。管理人のむっくりんと申します。

このサイトでは管理人自身のED経験を元に、今現在EDで悩んでいる方・EDかもしれないけど相談できる人がいないという方の悩みを解決すべく情報を詰め込ませていただきました。

1999年3月にバイアグラが発売されるまでは、EDになる=男性としての尊厳を失うといっても過言ではないくらいの事態でした。

しかし、バイアグラとそれに続くレビトラ・シアリスが発売されることで状況は一変しました。

EDは適切な治療薬やサプリメントで改善できる病気となったのです。

「いやでも、いまさらこの年齢でED治療行くのは・・・」と思っている方。

いまや、80歳の方でもEDクリニックに行って治療を受けている時代なんです!

つまり、死ぬまでセックスすることも可能な時代なんです!

ED治療でクリニックに行くのは恥ずかしい?

これはとあるクリニックのデータなのですが、ED治療薬を処方した患者さんの年齢を調べてみたところ下記のような区分になっていました。

40~64歳 49%
65~74歳 31%
75歳以上 8%

約半数に当たる4割の患者さんが65歳以上という結果だったのです。

このように、今では高齢の方でもしっかりとED治療をし、パートナーとの良い夜の生活を営んでいるのです。

では実際に自分がどの程度深刻なEDなのか、チェックしてみましょう!

ED深刻度 チェックリスト

この6ヶ月に、勃起を維持する自信の程度はどの程度あったか

非常に高い(5点)
高い(4点)
普通(3点)
低い(2点)
非常に低い/まったくない(1点)

この6ヶ月に、性的刺激による勃起の場合、何回挿入可能な勃起の硬さになったか

性的刺激が一度もなかった(0点)
毎回又はほぼ毎回(5点)
おおかた毎回(半分をかなり上回る)(4点)
時々(3点)
たまに(半分をかなり下回る)(2点)
全くなし又はほとんどなし(1点)

この6ヶ月に、挿入後に何回勃起を維持できたか

性的刺激が一度もなかった(0点)
毎回又はほぼ毎回(5点)
おおかた毎回(半分をかなり上回る)(4点)
時々(3点)
たまに(半分をかなり下回る)(2点)
全くなし又はほとんどなし(1点)

この6ヶ月に、性交を終了するまで勃起を維持するのがどの程度大変だったか

性的刺激が一度もなかった(0点)
困難ではない(5点)
やや困難(4点)
困難(3点)
かなり困難(2点)
ほぼ維持できず(1点)

この6ヶ月に、性交を試みて何回満足に性交できたか

性的刺激が一度もなかった(0点)
毎回又はほぼ毎回(5点)
おおかた毎回(半分をかなり上回る)(4点)
時々(3点)
たまに(半分をかなり下回る)(2点)
全くなし又はほとんどなし(1点)

以上です。

それぞれチェックを入れた箇所の点数を合計し、下記のどこに当てはまるか確認してください。

また、点数をタップして貰うとそれぞれおすすめの対策を見ることが出来ます。

22点以上 正常
17~21点 軽症のED
12~16点 軽~中等症のED
8~11点 中等症のED
5~7点 重度のED
4点以下 性交の機会がなかった

22点以上の場合-正常

あなたの勃起力は正常です。

現状では特に心配することはございません。
ですが、EDは生活習慣や筋力の衰えが原因になって起きます。

よって、予防のために男性に効果的な成分を摂るようにしましょう。

参考記事:男性の下半身を元気にする! おすすめの成分・サプリメントをご紹介!

17点~21点の場合-軽度のED

あなたは軽度のEDになっている可能性が高いです。

EDと心臓疾患などの循環器系疾患との関係性の記事でも紹介しているように、EDから他の病気が見つかる可能性も高いです。

軽度だからといってほっておくのではなく、最寄りのメンズクリニックへ行かれることをおすすめいたします。

12点~16点-軽~中等度のED

あなたは軽度から中等度のEDになっている可能性が高いです。

中等度のEDになってしまうと、薬だけでなくICI療法といって男性器に注射を刺すような治療が必要になります。

そのような事態を避けるために、すぐに最寄りのメンズクリニックへ行くようにしましょう。

今ならED薬を出してくれるだけのメンズクリニックで問題ありません。

>>イースト駅前クリニックのホームページを見てみる

8点~11点-中等度のED

あなたは中等度のEDになっている可能性が高いです。

ここまで深刻になると、ED薬だけでなく「ED1000」といった専門の機械を使った治療が必要となってきます。

このレベルの方は薬だけ出してくれるクリニックではなく、ABCクリニックなどの器械による治療をメインとしたクリニックに行かれるのがおすすめです。

>>ABCクリニックのホームページを見てみる

5点~7点-重度のED

重度のEDになっている可能性が高いです。

ここまで進行していると通常の治療では完治が見込めません。

大学病院など専門で治療を行っている病院を尋ねるようにしてください。

4点以下-性交の機会がなかった

4点以下の方は、今回性交の機会がなかった方です。

次回性交の機会があった際に、もう一度チェックリストを振り返ってみてください。

以上、ご自身の現状を確認いただけたでしょうか。

EDには「ストレスなどが原因の心因性」「加齢などが原因の器質性」「服用薬などが原因」の3種類があります。

器質性EDに関しては、「加齢により男性器の血液の量が足りていない」といった物理的なものが原因となっています。

よって、血液量を増やすのに有効な増大サプリや精力剤もこのサイトでは紹介しています。

増大サプリはこちら
精力剤はこちら

様々な原因に対して色んな角度からアプローチをしておりますので、ぜひ隅から隅まで見ていってくださいね。

参考情報:ED治療薬以外の治療方法

ED1000

ED1000では、専門の機器を使って男性の陰茎に低強度の衝撃を与えて血管の新生を促進させます。

これにより、陰茎を流れる血液量を増加させEDを改善させるという治療です。

こちらの方法は大学病院の臨床実験でも効果が確認されており、また様々な学会で発表されているため信憑性が高いです。

なお、臨床試験では治療を受けた患者の約80%がその効果を実感したと報告されている。

バイアグラやシアリスなどの場合は併用禁忌薬があるので、それにより服用できない方にはED1000の利用をおすすめいたします。

なおABCクリニックを始め、様々なクリニックでED1000は導入されています。

ICI治療

ICI治療は、陰茎海綿体注射とも呼ばれる治療方法です。注射によって陰茎海綿体に血管作動薬を直接注入することで勃起を促します。

現在は最も効果が高く、副作用も少ないPGE1という成分を用いるのが勃起を誘発するための薬として主流となっています。

ICI治療は、数あるED治療法のなかでも効果が高いものとして知られています。基礎疾患別の有効率では、6割~9割ほどと高い有効性を示しています。

また、初回の治療ではうまく勃起しないケースもありますが、繰り返し治療を行うことで改善されることもあります。

ICI治療には、特に難しい手順はありません。時間もかからないため、気軽に受けることができます。

手順としてはまず、注射部位を消毒します。消毒綿を使用し、該当箇所を10回以上強く拭きます。その後、根本まで注射針を刺し、薬剤を注入します。

あとは、注射部位を1分ほど圧迫して止血すれば施術は完了です。

注射後5分~10分程度で勃起し、2時間~3時間ほど持続します。

陰圧式勃起補助具

陰圧式勃起補助具は、PDE5阻害薬を使用できない場合に用いられることが多い治療用器具です。この器具を使用すれば、擬似的な勃起状態を作り出すことができます。

手順としてはまず、筒状の器具のなかに陰茎を挿入します。次に専用のポンプを使い、器具のなかを陰圧の状態にします。

器具内が陰圧になると血液が流れ込んでくるため、強制的に陰茎に血を集めることができます。これによって擬似的な勃起状態を作り出し、陰茎根本にゴムバンドをすることで勃起を維持します。

ただし、長時間ゴムバンドをするとうっ血してしまうため、30分以上締めっぱなしにしないよう注意が必要です。

陰圧式勃起補助具のメリットとしては、誰でも簡単に使用できる点があげられます。前述したICI治療の場合はクリニックで注射をしてもらう必要がありますが、陰圧式勃起補助具の場合は自宅で使用することができます。

使い方も簡単なので、人を選ぶことはありません。また、9割という高い確率で性交可能な勃起状態にできるというのもメリットだといえます。

なお、ゴムバンドで根本を締め付けるため多少の不快感や痛みを伴う場合があり、十分な満足感が得られないというケースもあります。

場合によっては陰茎がしびれたり冷たくなったりすることもあるため、その点には注意が必要です。

Copyright© むっくりん , 2018 AllRights Reserved.